この記事は関東在住の元妊婦さんに執筆していただきました。妊娠後期に新型コロナウイルスが日本に蔓延し出産に至るまでのコラムです。複数回にわたって掲載していきます。


まずは無事出産したことを誇りにおもう

新型コロナウイルス感染症。世界中で多くの人の命を奪いほんとうに憎むべき存在だ。

そんな時代に無事わが家に天使が舞い降りたのだ。

妊娠中期から後期にかけて世界が一変した。ご縁から私が見てきた妊娠中の日々を私の言葉で執筆させてもらうことになった。

2020年1月某日

お腹の中で動きが活発になり眠れない。目が覚めてはトイレに行くの繰り返し。暇だからSNSを楽しんでいた時に中国武漢で感染力が強い風邪だか肺炎が流行っていることを知った。ものすごい感染力であると伝えていた。

その時わたしが住む町ではインフルエンザが年末から年始にかけて流行っていたので妊娠中だということもあり予防に必死だったのを覚えている。

第一子の小学校では学級閉鎖もなってしまうほどだった。

手洗いうがいといった感染予防対策を毎日意識していた。

もし自分がインフルエンザに感染してしまって万が一があったら第一子が生涯、傷を背負ってしまうと考えていたからだ。

そういえば溶連菌ようれんきんといった感染症はご存知でしょうか?

風邪の仲間。これがかなり厄介で潜伏期間がざっくり1週間弱(2~5日程)、その後発熱(38度以上)でて傾向としては赤い発疹が目立つようになります。抗生物質を飲むと24時間ほどで感染力がなくなり他人にうつすことはなくなるそう。

保育園によっては発熱から48時間以上経過しないと解熱していても登園不可となることも。

なんでこんなにデリケートに扱われるかというと重篤化すると合併症を引き起こす可能性がある感染症なのも原因とのこと。

最初の子A君が潜伏期間を経て症状がでなかった。ただ潜伏期間3日目頃にBちゃんが接触していた。
Bちゃんの潜伏期間5日目にC君に接触。さらにDちゃんが・・・

かなり溶連菌が活発だった年はひと月に2回、半月毎にずれて計4回、うちの1番目と2番目が溶連菌と診断されていた。

感染経路は主に飛沫感染と接触感染。
今日も元気だ保育園に行こう!と通っているうちに潜伏期間に該当する子から菌は渡り歩いる。

インフルと同時に保育園で溶連菌が流行っていた。

「お父さんもお母さんも、この子の薬1袋飲んでおいて。絶対菌いるから。あと、手洗い・うがい・水分補給をしっかりしてね。そうすりゃ菌は仕事する前に死ぬし、うんこと一緒に流れていくから」とある日習った小児科の先生の言葉が衝撃的すぎて今に至る。

喉の風邪・おなかの風邪・肺炎。菌やウイルスが好む細胞がどこにあるか?で居座る場所(炎症といった悪さする場所)が変わるとも教えてもらった。

察しの良い方はお気づきかとおもうが、新型コロナウイルスに感染する仕組みが似ているのでは?と。コロナの情報があふれだしてきたときに考え始めた

インフルエンザや溶連菌で気をつけていたことは次の5つ

  • 外出から帰ってきたら手洗いとうがい必須化
  • マスク着用
  • 定期的に水分補給
  • 喉が渇いたらうがい。うがい薬はよい菌も滅すると聞いたから水かぬるま湯。頻尿対策も兼ねる
  • よく寝る。

これは1番目の子と2番目の子にも徹底してもらった。

理由は同じく君たち自身が傷つかないためだ。

コロナウイルス

閑話休題

あいかわらず夜中に目が覚めてしまうのでSNSで世の中あれこれを見ていた。

よくよくタイムラインにながれてくるのは「入国禁止にしろ」や「入国拒否」といった言葉だった。
はて?鎖国か?なにについて入国禁止なのか。

どうやら中国武漢で発生した肺炎に感染しているのかしていないのかわからないまま多くの中国在住の方々が近いうちに来日するらしい。

私が見ていたかぎりでは阿鼻叫喚の地獄絵図

  • 昨年末に自ら感染してしまい注意喚起を促した中国の医師が医師会を除名。その後命を落としてしまう。
  • 中国武漢のなにかしらの研究所で事故があった。
  • 生物兵器工場の事故

真偽は定かじゃない。中国武漢のことまったく知らない。そんな情報があちこちでリツイートされていた。

そんな中、日本では「ようこそ中国の皆さん!」と歓迎ムードのおかみ。これがインバウンドの経済効果に期待しているのか。

中国でも新型肺炎が感染者数を発表していたのもこの時期だったような気がする。

いよいよ明日、来日者が多数くるって時に。うろ覚えだけど中国はなにかしらの警戒レベルが1で日本が3だった様な気がする。逆だったかな?はっきりとは覚えていない。
入国制限や入国拒否をするといった対策はなかったのは覚えている。

ネットニュースの内容をパートナーと話したりもする。

今中国ではこんなことが起こっていて、いよいよ訳も分からないまま日本に来るんだって。だいじょうぶかな?

旦那のいいところは私の話を否定しない事。

「インフルエンザも溶連菌も流行ってるからこれまで通り注意して過ごそう。あとちょっと何もないといいな。」

やはり私はこいつが好きだ。こいつの赤ちゃん元気いっぱいな赤ちゃんを産んでやんよ。そう思ったのを覚えている。


第二話も近日公開です。次回もお楽しみください。

この記事をシェアしよう!
LINEでシェアするはてなブックマークに追加

支援策パンフレット

経済産業省の支援策
2020年4月3日
新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける支援策をパン

資金繰り支援(貸付・保証)

経済産業省の支援策
2020年4月3日
資金繰り支援(貸付・保証) 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けている事業

新型コロナウイルス対策補助事業

経済産業省の支援策
2020年4月3日
マスク生産設備導入補助事業 感染症対策の基本として必要なマスク不足を解消するため

中小企業・小規模事業者向け相談窓口

経済産業省の支援策
2020年4月3日
今般の新型コロナウイルスの流行により、影響を受けるまたは、その恐れがある中小企業

現地進出企業・現地情報及び相談窓口(ジェトロ)

経済産業省の支援策
2020年4月3日
ジェトロ現地事務所等で収集した「操業再開に向けた中国の省市別支援策」や、「ビジネ

新型コロナウイルスの流行に伴う輸出入手続きの緩和等について

経済産業省の支援策
2020年4月3日
新型コロナウイルスの流行に伴う輸出入の遅延等が見込まれることから、新たな特例措置

下請中小企業への配慮を求める親事業者への要請について

経済産業省の支援策
2020年4月3日
新型コロナウイルス感染症により影響を受ける下請等中小企業に対し、不当な取引条件の

個人事業主・フリーランスへの配慮を求める発注事業者への要請について

経済産業省の支援策
2020年4月3日
経済産業省は、新型コロナウイルス感染症により影響を受ける個人事業主・フリーランス

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

経済産業省の支援策
2020年4月3日
新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小

新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた就職・採用活動及び内定者への特段の配慮に関する要請について

経済産業省の支援策
2020年4月3日
経済産業省は、新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえ、2020年度卒業・修了予

児童生徒の学びの機会提供を行うEdTech事業者の取組支援について

経済産業省の支援策
2020年4月3日
今般の学校の一斉休業を踏まえ、児童生徒の自宅での学びの機会創出を目的に、EdTe

新型コロナウイルス感染症対策の支援情報公開・検索サービスについて

経済産業省の支援策
2020年4月3日
新型コロナウイルス感染症対策に対応した民間企業による支援情報等が検索可能な「民間

情報通信関連企業によるテレワーク導入に対する支援情報について

経済産業省の支援策
2020年4月3日
職場における感染拡大防止のためテレワーク導入に取り組む企業等に対し、情報通信関連

助成・支援策 情報 新型コロナウイルス感染症関連情報まとめ

経済産業省の支援策
2020年4月3日
経済産業省より発表された新型コロナウイルス(COVID-19)による企業への影響